​当会案内

公益財団法人合気道養神会公式認定道場

養神館合気道光龍館は、公益財団法法人合気道養神会はじめ複数の上部団体に所属する合気道団体です。2017年より発足し、佐倉市、八千代市、成田市、四街道市、印西市で、計7か所の稽古場で活動しております。
代表:片桐実里
1984年生まれ。大学時代より合気道を開始、2008年より安藤毎夫先生に養神館合気道を学び始め、2009年に内弟子となる。2017年独立を許され、光龍館代表となる。現在も同師に合気道を学びながら会員とともに技術向上に努めております。
合気道について
​  合気道は明治初期に会津藩の秘密の流儀であった大東流合気柔術を学んだ植芝盛平翁によって創始されました。大東流を初めとする柔術・剣術など各武術の修行し、大本教や神道などの研究から得た独自の精神哲学で纏めなおし、『和合』、『万有愛護』等を理念とする合気道を創始しました。植芝​開祖の合気道は日本国内だけでなく世界的に大きく広まり、国際的武道として現在も広がりつつあります。塩田剛三先生は植芝盛平翁の戦前の弟子として合気道を学ばれ、当時最高位九段をもらっています。塩田剛三先生の技は多くの人々に称えられ、昭和の達人として世に認知されていきました。塩田剛三先生は植芝翁の合気道を型として整理し、合気道の上達の道筋を示してくださいました。それが当会で稽古している養神館合気道です。

諸経費

基本会費
​月会費(指導料)・・・未就学児4,000円、小学生~大学生4,500円・一般部5,000円
入会金・・・2,000円
傷害保険・・・未就学児~中学生まで800円 一般部1800円​
年会費・・・少年部3,000円 大人3,500~円
道着・・・子供7000円~​ 大人10,000円~​
会員規定

稽古上の注意(会員、体験、見学者、少年、一般会員対象です。)

●稽古者、体験者は稽古の目的は合気道を学ぶという事を理解し、会員同士協調性をもって稽古すること

●着替えは更衣室を用意してありますので、そこを使用すること​

●稽古上では合気道の稽古のみを行う事、他の習い事、格闘技、武道はつつしむこと

●稽古の妨げになる行動は子供、大人問わず禁止します。改まることがない場合、退席してもらいます。

●ケガの無いよう指導に当たりますが、不慮の事故には責任を当会は一切関知いたしません。

●指導上、子供大人を含めて丁寧に指導するのはもちろんですが、モラルに反する行動、または行き過ぎた行動をとったと指導者が判断した場合は、注意を促します。あらためる意思が感じ取れない場合は退会して頂きます。

​●道場外、指導外での事件、傷害に関する事項、指導者が指導対象外と判断した事象とは一切関知致しません。

●養神館合気道光龍館は公益財団法人合気道養神会、龍全国合気道連盟、千葉県養神館合気道連盟を上部団体にもつ合気道団体です。年会費は上記の組織の大会、審査、講習会、合宿などの運営費となります。財団法人合気道養神会 龍全国合気道連盟​ 千葉県養神館合気道連盟