​合気道紹介

​  合気道の歴史は古く純粋な日本の武道であり、試合のない多くの人に取り組む事ができる素晴らしい武道です。下の動画は、合気道をより多くの方に知ってもらうべく、有志の方が企画してくださった物です。私の師による合気道の技の紹介と子供たちの稽古風景、女子護身術などが紹介されています。ご覧ください。
​  合気道は明治初期に会津藩の秘密の流儀であった大東流合気柔術を学んだ植芝盛平翁によって創始されました。創始する過程で、大東流に加えて自身の工夫と他流の様々な長所を取り入れたと言われています。合気道はもとより陸軍・海軍、警察など中心に教えられていましたが、時代と共に一般社会に広く認知されるようになっていきました。光龍館の合気道は植芝翁に師事されていた塩田剛三先生の流れを組むものです。塩田剛三先生は昭和の達人と謳われた合気道界の実力者で、塩田先生の興された養神館合気道は、現在も警察の機動隊に指導されています。わが師、安藤毎夫先生(養神館本部主席師範)は塩田剛三初代館長の内弟子として長年修行され、浦安市にて独立されました。以降、多くの弟子を育成される中、内弟子制度なども設けられ、合気道専門指導者を育成されると同時に、世界的に合気道を普及するべく、現在も尽力されておられます。
 
千葉県合気道教室・養神館合気道光龍館 合気道開祖 植芝盛平
植芝盛平翁
合気道創始者​
(1883年~1969年)
千葉県合気道教室・養神館合気道光龍館 合気道養神館 館長 塩田剛三先生
塩田剛三館長
養神館初代宗家
​(1915年~1994年)
千葉県合気道教室・養神館合気道光龍館 養神館合気道龍 安藤毎夫
安藤毎夫主席師範
養神館合気道龍代表​
(1956年~現在)

​リンク

お問い合わせ 

稽古中で電話に出られない事があります。メールにてご連絡いただけると幸いです。

Copyright © Yoshinkan Aikido Koryukan All Right Reserved.

​SNS